ヘリカルCT

身体の内部を断層像として撮影し、その後3D画像により診断できる機器です。 試験的に開腹すること無しに体内の状況を確認できます。撮影する場合は基本的に全身麻酔が必要になります。

麻酔器システム

手術とCT撮影を一つの麻酔器で維持しています。このシステムには術野撮影用ロボットカメラコントロールとMacを備え、OsiriXで画像処理された画像を見ながら手術を行えます。

画像診断モニターデスク

CT撮影・DR・超音波とOsiriXの画像処理ソフトを連動し、撮影から読影までここで処理し診断しています。

電動手術台

電動で手術台を上下、左右の斜位、前後の斜位、ジャックナイフ型に変化させることができ、色々な手術に対応します。また、台はX線を透過するので術中のX線撮影が行えます。

麻酔・人工呼吸ユニット

新生児からコントロールできる麻酔器です。麻酔時人工呼吸には4種類のモードを備え、呼吸様相にあった麻酔維持が行えます。吸入麻酔薬としてセボフルラン、イソフルランを使用しています。モニターは体温から麻酔ガス測定までほとんどのモニターを完備しています。

麻酔モニター

麻酔時のバイタルサインをモニターします。体温、心拍数、心電図、非観血的血圧、SPO2、ETCO2、呼吸数、麻酔ガス濃度そしてカプノグラフ等を表示します。

半導体レーザーメス

半導体レーザーを使い、出血を最小に抑えた手術切開が行えます。炭酸ガスレーザーと比べ術部に接触しながら切開を行えるので、細かく狭い場所での手術に適しています。

炭酸ガスレーザー装置

炭酸ガスによるレーザーで出血の少ない手術が可能です。また、蒸散により切除不可能な腫瘍を焼き飛ばし消失させる処置も行えます。

超音波乳化吸引および 超音波凝固切開システム(超音波メス)

超音波乳化吸引装置(下)は、腫瘍を超音波で砕いて吸引除去する機器です。超音波凝固切開装置(上)は超音波で組織を切断する機器です。神経や大血管へのダメージは最小のため、癒着解除などの処理に適した機器です。

高周波メス

通常の開腹手術から内視鏡・腹腔鏡の処置まで多くの状況で出血を抑制し、切開することができる機器です。