検査

ヘリカルCT

身体の内部を断層像として撮影し、その後3D画像により診断できる機器です。 試験的に開腹すること無しに体内の状況を確認できます。撮影する場合は基本的に全身麻酔が必要になります。

画像診断モニターデスク

CT撮影・DR・超音波とOsiriXの画像処理ソフトを連動し、撮影から読影までここで処理し診断しています。

カラードプラ超音波装置

超音波診断では非侵襲的に血行動態や血流速度、生体内動向を検査することができます。このときに用いる機能がドプラモードです。超音波診断におけるドプラ法は循環器領域のみならず消化器や甲状腺、乳腺などの体表領域の検査、泌尿器、産婦人科領域等、全身の検査に応用しています。

天井走行式X線装置

通常のX線装置ですが、可動式のため手術時でも撮影できます。骨折の手術などでの術中確認に利用しています。

画像用ドライイメージャー

院内で撮影したCT、FCR、超音波、OsiriXの画像をフィルムに書き出すプリンターです。

血管造影急速注入器

CT、X線などで造影撮影をするため、急速に造影剤を投与する機器です。

CT撮影時監視カメラ

CT撮影時は室内に入れませんので、モニタールームからの目視と反対側のこのカメラにて撮影時の監視を行います。

血液生化学検査システム

白血球・赤血球などの血球計数検査と、肝酵素・腎機能・血糖値などの生化学検査、加えて数種のホルモン検査が可能なシステムです。

血液ガス・電解質測定器

血液中の電解質と酸素・二酸化炭素などを測定する装置です。電解質測定により診断と輸液等の治療を行います。血液ガス測定は主に体の酸素化を見るためのものです。

CRP測定器

体の中で起こっている炎症を把握する検査です。感染症、免疫疾患、悪性腫瘍などで高い値を示します。